フィギュア・サッカーファンの聖地☆みちびきの宮「弓弦羽神社」

未分類
まりをさんによる写真ACからの写真
この記事は約5分で読めます。

神戸市御影にある「弓弦羽神社」は、閑静な住宅街の奥にあり厳かな雰囲気が漂う神社です。

まりをさんによる写真ACからの写真

 

スポーツファンの聖地!

古くから「厄除開運・家内安全・交通安全守護・諸願成就」のお宮として人々から敬われて来ました。近年では「勝利」を導くお宮としても多くのスポーツ選手やファンに愛されています。

はりこま君
はりこま君

海外からも大勢訪れているんだって!

ユヅリストがこぞって訪れる「聖地」

男子フィギュアスケートの羽生結弦選手が、2011年7月に参拝に訪れたことが報道され、羽生選手のファン通称「ユヅリスト」が必勝を願って参拝に訪れるようになったそうです。実際に羽生結弦選手は、2014年のソチオリンピックに続き2018年の平昌オリンピックと二大会連続で金メダルに輝き、参拝者は20倍にもなったとか。

そもそも羽生選手が神社の存在を知ったのも、ファンからのお守りがきっかけということです。ファンの方々の気持ちを大切に受け取られる羽生さんだからこそ、繋がれたご縁ともいえますね。私が訪れた2019年4月末時点でも、境内にかけられた絵馬のほとんどに、羽生結弦選手を応援する想いが書かれていました。

サッカーとの縁をつなぎ勝利にみちびく八咫烏

弓弦羽神社がお祀りしている熊野大神様のお使いが「八咫烏(ヤタノカラス)」ですが、日本サッカー協会がシンボルマークとしたことで、サッカーファンの間でも有名になりました。

サッカーとの縁はそれだけではありません。神戸は日本の現代サッカー発祥の地という説もあります。港のある神戸には外国人居留地があり、そこで暮らす外国人からサッカーが伝来したといわれているのです。特に、弓弦羽神社のある御影には、サッカーの強豪として一時代を築いた御影師範学校がありました。兵庫県は群を抜いてレベルが高く、日本フートボール大会(現・高校選手権大会)の第1回から昭和15年(1940年)の第23回までの間に、兵庫県のチームが16回優勝、7回準優勝しています。そのうち11回の優勝を御影師範学校が勝ち取っています。

このようなことから、サッカー選手やサッカーファンからも「勝利をみちびく八咫烏のお宮」として親しまれ、必勝祈願の参拝に訪れているそうです。

「みちびきの宮」といわれる由縁

弓弦羽神社のシンボルは、日本神話で神武天皇のもとに遣わされ道案内をしたといわれる八咫烏(ヤタノカラス)。弓弦から放たれた矢に乗り、一直線に目標へ向かう様子が描かれています。

はりこま君
はりこま君

かっこいいなぁ!

御祭神

根本熊野三所大神

伊弉册尊(いざなみのみこと)
事解之男命(ことさかのおのみこと)
速玉之男命(はやたまのおのみこと)

ご由緒

社伝によると、神功皇后が朝鮮半島から凱旋していた最中に、忍熊王が挙兵したことを知り、皇后自らこの地で弓矢甲冑を納めて熊野大神を斎奉し、ご祈念されたところ戦に大勝し、それより後は、諸々の願い事はすべて御心のままに叶ったそうです。
また、神功皇后がこの里の泉(澤の井・阪神御影駅南)にお姿を写されたという故事により、この辺りは「御影」となったといわれています。

お参りに行ってきました

ユヅリストの姉に連れられてはじめて訪れた神戸の神社でした。閑静な住宅街を歩き進めると、静かな森が見えました。胸の奥でスッと何かが抜け落ちるような感覚がしました。

気持ちを落ち着かせて鳥居をくぐると、すぐのところに大きな木があります。

これは樹齢370年の椋木で、神戸で一番の大きさだそうです。
「努力がむくわれる」「想い・願いがむくわれる」として祈願の象徴となっているそうです。

 

 

手水舎で清めてまっすぐ進み、参拝をしたあと社務所へ向かいました。数年前から姉が御朱印をいただいている様子を見ていたのですが、私はこのときはじめて「私も御朱印をいただきたいな」と思ったのです。八咫烏の御朱印帳を購入し、はじめての御朱印をいただきました。

とっても嬉しくてスキップしたいほどでした。さすがにそれは心の中だけにとどめましたが(笑)。それでも口元が緩むのを抑えきれない私を見て姉がひと言。

「わかっていると思うけど、御朱印はスタンプラリーじゃないからね!参拝した記念なんだから」

その意味は御朱印をいただいたときよりも、もっとずっと後になって響いてきました。

ふとしたときに御朱印を見返すたびに、あのときの嬉しさがよみがえってきます。

あの日の晴れ渡った青空や、お宮で吹いていた澄んだ風の心地よさ、交わした言葉を思い出します。そしてまた、参拝に行けるよう元気でいようと思います!!

はりこま君
はりこま君

御朱印帳は、文房具屋さんやお土産屋さんでも買えるよ。お気に入りの一冊を見つけてみてね!

ご参拝の案内

授与所(御朱印・お守り)午前9時~午後5時

御祈祷受付 午前9時半~午後4時

はりこま君
はりこま君

神様へのお手紙を届けてくれる「ゆづ丸くん」がいるんだって!

アクセス

阪急神戸線「御影駅」より徒歩約5分

JR神戸線「住吉駅」より徒歩約10分

阪神本線「御影駅」より徒歩約15分

飛行機:神戸空港→神戸ポートライナー「三宮駅」→阪急線「御影駅」

新幹線:新神戸駅→地下鉄西神・山手線「三宮駅」→阪急線「御影駅」

お車:阪神高速3号神戸線 摩耶から15分、魚崎から約10分

カーナビの設定は中勝寺(078-851-5828)をおすすめしています。参拝者用駐車場有

所在地

〒658-0048
兵庫県神戸市東灘区御影郡家2丁目9番27号 TEL:078-851-2800

公式サイト https://yuzuruha-jinja.jp/

はりこま君
はりこま君

最後までご覧いただきありがとうございました!!

 

 

タイトルとURLをコピーしました