完成が待ち遠しい・・・工事中でもお参りできます☆蒲田八幡社

未分類
この記事は約3分で読めます。

お参りにいってきました。

京急蒲田駅から徒歩2、3分のところに蒲田八幡社があります。
こんなに駅の近くに神社があるというのは、ちょっと不思議。
時間に余裕があったので立ち寄ってみることにしました。

駅前の商店街と一歩違いの大通り、ビジネスホテルがそびえる奥に見えたのは、艶やかな八幡造りのお屋根でした。

現在、境内を工事中で表鳥居からは入ることができません。
ぐるっと廻って裏鳥居をくぐると、社殿の裏側から入る形に。正面にある仮社務所で御朱印が受けられることを確認したら、社殿に向かいます。

工事中で手水舎が使用できなかったので、タオルハンカチで気持ちだけでもと手を拭い、お参り致しました。外から見えたお屋根は本殿のものでしょうか?どうやら工事中で見えません。拝殿の前に狛犬様が一体しか見当たらなかったような・・・。これも工事の影響でしょう。
一対揃ったお姿の前に立つのが楽しみです。

さて、御朱印をいただこうと社務所に行くと、とっても気になる文言が。

「当社では兼務社の御朱印もお授けしております。兼務社の御朱印をご希望の方は、受付時にお申し出ください」

ここで私の頭には「?」がぽぽぽぽーんと浮かびました。
何のことだろうと思いながら、蒲田八幡社の御朱印をいただくことに。

御朱印帳をお預けしたら、おみくじを引いたり、安全第一と書かれた白幕と緑のフェンスに囲われた、ある意味今しか見ることのできない境内の様子を眺めながら、待つこと数分。

番号札と引き換えにいただいた御朱印がこちらです。

金印が美しい御朱印に喜びながらも、さっきの文言が気になります。
帰宅後、調べてみると・・・。

兼務社とは・・・大田区には神社が大小合わせて約100社あります。神社の代表である「宮司」は約20名で、一人の宮司が数社を兼任で管理運営しております。そのような神社の事を「兼務社」、対して宮司以下職員が常駐している神社を「本務社」と申します。

当社では、兼務している神社5社の御朱印も承っております。兼務社には御朱印をお書きできる者はおりませんので、兼務社の御朱印は蒲田八幡神社でのみお書きしております。

引用元 蒲田八幡社HP https://www.kamatahachiman.org/

なるほど!!
これは、ぜひとも兼務社含め6社を巡りたい!!と意気込んだのであります。

 

はりこま君
はりこま君

つづきは「蒲田で神社巡り!!証は艶やかなる御朱印」で。

御祭神

誉田別命(応神天皇)
ほんだわけのみこと (おうじんてんのう)

御神徳

武運、勝運、殖産興業(商売繁盛)、学問、母子(安産子育、厄除開運

アクセス

京急蒲田駅西口より徒歩2分
JR蒲田駅より徒歩15分

所在地

東京都大田区蒲田4丁目18‐18

 

 

タイトルとURLをコピーしました